ERP連携

 

工具購買要求を自動化・スムーズな購買プロセス

 

WinTool ロジスティクスモジュールは、コストセンターに登録したマシン上の工具使用状況を追跡します。工具は、NCプログラム指定の要求(工具リスト)もしくは WinTool プロセス管理モジュールに基づき、保管場所から払出されます。

 

ハイライト

  • 在庫水準が発注点基準(最小在庫レベル)に達すると、購買要求データを自動生成。管理者による承認後、購買要求データが自動的にERPシステムに送信
  • ERPシステムは購買オーダー発行後に確認データをWinToolに送信
  • 入庫手続きはWinToolもしくはERPシステムで実施
  • WinTool-ERPシステム間でマスタデータを同期

 

To 工具収納システム連携

Back to CNC工具在庫管理概要


WinToolを活用した工具在庫管理に興味がありますか?ご連絡ください!

工具収納システム連携

 

ベンディングキャビネットとセットアップリストを自動的に統合

 

正確で信頼できる工具在庫数量データは、スムーズな機械加工作業および最適な工具供給計画に必須です。工具自動収納システム(リフトシステム)や工具ディスペンサーシステムのような統制された環境で、在庫は最適に管理されます。

WinTool工具収納システムインタフェースは、これらのシステムと連携し、品目マスタデータ(グラフィクスを含む)をユニットへ送信します。工具収納システムにおける在庫数量変動は、自動的にレポートバックされ、WinToolで更新されます。このような形で、貴社は加工現場ですべての工具収納状況およびコストセンターをコントロールできます。

WinToolは、グローバルで著名なリフト&ディスペンサーシステムとインタフェースします。 例えば、Achterberg Toolbase、Gühring、Matrix、Supply Point Systems、ToolBoss、Tool24、Hänel、Kardex、Modula。




Cookies erleichtern die Bereitstellung unserer Dienste. Mit der Nutzung unserer Dienste erklären Sie sich damit einverstanden, dass wir Cookies verwenden. Mehr Infos

Akzeptieren