機械加工業務データ管理

 

ジョブ(加工作業)単位ごとに、業務で使用する・使用したファイル/データを管理

 

CNCファイル管理モジュールは、機械加工業務における生産技術データ管理の中核です。機械加工作業単位毎に、伝統的なワークブックのデジタル化版である WinTool NC フォルダを通じてすべてが繋がります。WinTool は1987年から本製品を開発し始め、継続的な改善を行ってきました。弊社はこのワールドクラスのソリューションを提供することに自信を持っています。

WinToolは、CAD/CAMソースファイル、マシンプログラムファイル、手順書等のマシニング(機械加工)データの作成・修正・使用状況をコントロールします。また、NCプログラムで用いられる生産資源&治工具とも結びつきます。これにより、機械加工業務で使用される「工具情報+各種ファイル・データ」の完全な見える化を実現します。さらに、プロセス管理モジュールにおける動的な加工スケジューリングの基盤の役割を果たします。

CNCファイル管理モジュールは、貴社が望むワークフローを導入するための高度で多方面にわたる礎を成すものです。特に、繰り返し生産におけるマシン段取りとNC作業データ処理の確証に貢献します。

WinToolを活用した機械加工業務ファイル管理に興味がありますか?ご連絡ください!

改訂管理

 

ファイル/データのステータス管理&変更履歴追跡 

 

WinTool改訂管理モジュールは、NCフォルダおよびNCフォルダ内の各ファイル/データの変更を管理・追跡します。

強固な製造データ管理は、ハイエンド製造業者(ISO9001・FDAへの対応)や繰り返し製造を行うすべての製造現場で要求されます。現場で最終的に使用するNCプログラムをバックアップし、保護すべきです。図面の改訂や生産資源の可用性を理由として、NCプラグラムを変更しなければならない場合があります。その際、NCプログラムの新しいバージョンを作成し、工具や治具に関する変更もドキュメントに反映させなければなりません。

WinToolを活用することで、NCプログラムの変更管理を容易に実行し、見える化し、常に追跡可能にします。

 

To PLM連携

Back to CNCファイル管理概要


Cookies erleichtern die Bereitstellung unserer Dienste. Mit der Nutzung unserer Dienste erklären Sie sich damit einverstanden, dass wir Cookies verwenden. Mehr Infos

Akzeptieren